血は争えない

 

 

幼少期に住んでいたボロアパート

(上は違う)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山の麓を切り崩した一角に建てられた二棟の長屋

 

 

 

 

 

 

大家が仲間とDIYで作った可能性のある建物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴミは大家が燃やし、

 

 

 

 

生ゴミは地中に捨てる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土着民が住む長屋から一段上がった所に大家さんの屋敷は有った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

THE日本家屋的で、

 

 

 

見事な茅葺き屋根

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広めの土間も有った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その大家さんの家には写真の様な縁側が有った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長屋の子供達はわらわらと集まり、

ミニカーを走らせたり、

 

 

 

女子はステージとして使い、ピンクレディの歌真似なんかをしていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縁台の奥には障子がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男の子は紙で出来た障子に穴を開けたり、イタズラをしていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日見ると

 

 

 

大家さんが障子紙を花形に切って補修していた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラスで起きた事ならば、

 

 

 

問答無用で200%疑われるけど、

 

 

 

ここは貧困層のたまり場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どの子がやってもおかしくない環境

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある雨の日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外で遊べないから大家の縁側でミニカーを走らせていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前には障子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼い少年は、

 

 

障子を「思い切り突き破りたい」と言う欲望と戦っていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貧しめの家庭の子は常日頃から我慢をする癖が、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついてない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我慢なんて裕福な家の高等技術

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

欲望との戦いはあっけなく幕が落ち、

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、

 

 

 

 

 

 

 

幕は上がり、

 

 

 

 

 

 

 

手刀一閃、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突き破った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

精通レベルの脳内麻薬が溢れ出す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゾーンに入った自分は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショッカーの様な声を上げながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

端から一枚(1マス)ずつ突き破り始めた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうなったらやめられない、とまらないのかっぱえびせんモード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに来たのが大家さん、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お隣のシンくん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おぉーー!!

 

 

 

 

と声を上げ、満面の笑顔でこっちを見ている

 

 

 

 

 

 

           

 

 

 

 

 

 

 

 

奇行を大肯定するかの歓声を上げるシン君

 

 

 

 

 

 

 

その声と表情を見て加速する突き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしシン君も民度は同等

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼も縁台に飛び乗り、

 

 

 

 

 

同じ声を出しながら、

 

 

 

 

 

合わせながら、

 

 

 

 

 

逆端から突き破り出しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爆笑と奇声を上げる子供二人の破壊工作

 

 

 

 

 

 

 

 

中々のヤバかった筈

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現行犯では無かったけど、

 

 

 

 

 

 

 

やはりバレた

 

 

 

 

 

 

 

 

親はとにかく謝った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも大家さんは余り怒らなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから何十年と時は流れ、

 

 

 

 

 

 

自分も結婚して息子が産まれた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏が来たころ

 

 

 

 

 

 

庭の草抜きをしていて目に入った光景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

THE・男の子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血は争えん