HAHAHA~ またな~

オヌマの柔術の師匠「シャルト先生」から送られてきた一枚

 

2001年 ドエラい度数の高い酒で契りを交わした時です

(紫昇格の日)

 

 

左手に持っているパンは、酒を流し込んだ後に食べて緩和さす為にと渡されたもの

 

このパンのシステムが有効だったかは謎です

 

 

 

この後、参加者数名ひとり一人とショットの一気をさせられ、フラフラになったところでストリップへ連れて行かれ、

 

裸の女性の真正面でリバースし、

 

会場は大盛り上がりとなりました

 

 

 

NOVA UNIAOが世界選手権を席巻していた頃、総裁の右腕としてチームを牽引し、NOVA UNIAOがアメリカ進出の際に送り込まれ、BJペンを育てた名伯楽

 

性格はスーパーブラジリアンですが、指導の繊細さは日本の職人さんと被る程

 

世界一の指導者と信じている人は大勢います

 

 

 

 

ブラジリアンは一瞬で血が沸騰するんだ

 

と、その気質を誇らしげに語っていて、酔っぱらってはよくケンカをして帰って来ていました

 

複数とか関係なく、酔って足はフラフラでも「ファイトは大好きだ」と、スポーツライクにこなしていましたので、勝率はイマイチ

 

 

 

「相手が大勢だったから、一発殴ると5発以上帰ってくるんだよ。ボコボコにやられたよ、見ろよこの傷。楽しかったからOKだけどな」

 

と、寝ているオヌマを起こし、帰りに買ってきたであろうフライドポテトを食べながら、意気揚々に話していました

 

 

 

「格闘技を嗜む者がケンカをしてはいけない」

 

こんな教えは日本だけ

 

日本の常識、世界の非常識です

 

みんなやってましたし、大好きでした。ストリートファイトが

 

 

 

 

ブラジリアン柔術界でケンカが代名詞と言えば故ハイアン・グレイシー

 

 

アブダビコンバット試合会場

 

選手として会場入りしていたシャルト先生は、

 

77キロでエントリーするも、会場に着いたら99キロでエントリーされていたとか

 

結果は3位

(優勝者にテイクダウン一つ差で敗退)

 

 

会場を歩いていると、セコンドとして来ていたハイアン・グレイシーが前から歩いて来たそうです

 

目をギラつかせ、ゆっくりと人の顔を覗き込むように睨みながら

 

 

 

目が合うと寄って来て「やんのかこらぁ!!」とハイアン氏

 

 

「どこ中だコラぁ!!」と、ポルトガル語で返すシャルト先生

 

 

 

すると、

 

「なんだ、ブラジリアンか。せっかく海外に来たから他国の奴とやりたいんだよ。だから今日はブラジリアンとはやらないって決めているんだ。じゃあな、クレイジー」

 

と、新たな獲物を見つけに歩いて行ったそうです

 

 

 

その数年後、日本の某会場で珍事件

 

 

ハイアン氏とオヌマ

 

 

数分の押し問答

 

 

掴み合い・・・

 

 

 

止めに入ったのはプライドの名物レフリー

 

 

側で見ていたのはフジイ

 

 

 

「おぉ、プライドのゴング直前の時の目つきじゃねーか!! ぶっ飛ばされちゃうな~これは良い記念になる」

 

と、テンション上がったのを覚えています

 

 

 

「師匠と私のハイアン記」で、話は反れましたが、そんな先生から連絡が

 

 

「ミズノの道着と帯が欲しい」

 

 

 

 

 

「先生、招待するから来てくださいよ。直接買いに行きましょう」

 

 

と言うわけで、現在招聘の準備中

 

 

領事館やらなんやら

 

 

ビザの申請書やらなんやら

 

 

 

 

RBでもセミナーを計画しようかと

(有料となってしまいますが)

 

 

 

 

 

 

最後に会ったのは4年前のハワイ島

 

 

別れ際、通りすがりの女性と親し気に挨拶をしていたので、

 

 

友達?

 

 

と聞いたら、

 

 

俺は結婚したから女性全てが友達になってしまったよHAHAHA~ またな~」

 

と、名残惜しさ皆無で去って行きました

 

 

 

「HAHAHA~ またな~」

 

以来の再会は年内実現予定