2016年

9月

08日

これが人生か

 当たり前だと思っていたことが当たり前じゃなくなる日が来ます

 

 

 

 

 

 

ずっと有ると思っていた近所のお菓子屋さん、パン屋さん

   

いつでもおばちゃんが出迎えてくれるお店

 

 

 

 

 

 

 

そんなあたりまえとも別れの日が来ます

 

 

 

 

 

 

 

年月の経過に人生を感じさせられる瞬間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の人生の中で最もお世話になった人

 

 

恩師と呼べる人

 

 

尊敬している人

 

 

 

 

 

 

 

 

師はオーディオ業時代の先生で、開発者

 

 

 

 

 

 

 

 

埼玉にあったメーカーの開発室に一方的に通いつづけました

 

 

 

 

 

 

 

 

師は17年前に独立し、自分は格闘技の世界に

 

 

 

 

 

 

 

 

格闘技で行こうと決めた時

 

「とりあえずこれで行きます。もっと面白いことがあれば流されるかもしれませんが」

 

と、報告

 

 

 

 

 

 

「きっと君はもう他の事はしないと思うよ。そんな気がする」

 

と、ファミレスで楽しく話した事も鮮明に記憶されています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かれこれ5年前

 

結婚報告がてら北関東にある会社を訪ね、師の製品を頂いた

 

 

 

 

 

 

 

 

メールをたまにしていましたが、半年前にしたメールには返事が来ず

 

 

 

 

 

 

 

忙しい人で、メールの返事はいつも遅い人なので、自然と失念

 

 

 

 

 

 

 

その内遊びに行こうかと思っていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜、師のHPを見ると

 

 

 

 

住所が消えてる…

 

 

 

 

 

 

会社概要も消えてる…

 

 

 

 

 

 

iタウンページで調べても出てこない…

 

 

 

 

 

 

電話をしてみると、コールはされるが出ず

 

 

 

 

 

 

既に違う人の番号になっているかも知れない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20:30からはキッククラス

 

 

藤井が担当なので自分の体は空いている

 

 

 

 

 

 

よし、行こう

 

 

 

 

 

車で師の会社へ

 

 

 

 

 

 

 

距離は80キロ

 

 

 

 

 

 

 

色々な考えが頭をよぎる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつ行っても会えると思っていた…

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまでもあの人の作品を手に入れられると思っていた…

 

 

 

 

 

 

 

 

思えば師は既に70歳くらい

 

引退だってあるし、最悪の事もある…

 

 

 

 

 

 

 

不義理をしていた事を心底悔やみ、車を走らせる

 

 

 

 

 

到着

 

 

胸が締め付けられる緊張感

 

 

 

 

 

 

 

シャッターが降りている…

 

 

 

 

 

 

 

ポストからは名前が無くなっている…

 

 

 

 

 

 

 

 

取りあえず、何らかの懸念は的中…

 

 

 

 

 

 

 

夜分だった事で衝動的に現地まで来たが、携帯番号も一応知っている

 

 

 

 

 

 

 

取りあえず翌日電話をする事にし、帰路へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り道、嫁から連絡が

 

 

 

 

 

 

 

ずっと連絡の取れなかった親戚の叔母さん、

 

 

 

 

 

 

 

実は癌だと親戚が知らせて来たとか…

 

 

 

 

 

 

そういう年だな、俺たち…

 

 

 

 

 

 

そんな返事をして家に向かいました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌10:30

 

師の携帯に電話を掛けました

 

 

 

 

 

 

 

 

「もしもし」

 

 

聞き覚えのある声…

 

 

 

 

 

 

 

 

オヌマですけど…

 

 

 

 

 

 

 

 

「あぁ、おぬまさん? 返事してなくてごめん。調子はどう?」

 

 

 

 

 

 

以前と変わらない感じで会話がはじまりました

 

 

 

 

 

 

 

 

嫁もほぼ同時刻に従妹へ電話を

 

 

 

 

 

 

従妹は迷惑になるからと、母の発病の報告を避けていたとか

 

 

 

 

 

発覚後、全身に転移

 

 

 

 

 

 

精神的にも金銭的にも地獄だった… と

 

 

 

 

 

 

今は孫が生き甲斐との事

 

 

 

 

 

 

 

そして自分の師の近況… 

 

 

 

 

 

 

曰く「体力の衰えを感じ、タイミング的に今しかないと思い…  」

 

 

 

 

 

 

雪山に挑戦している

 

との事

 

 

 

 

その為、毎日12キロくらい走っているとか

 

 

 

 

 

 

どえれぇ元気じゃねーか!!

 

 

 

 

 

 

ホームページから詳細が消えていた事、会社が無くなっていた事を尋ねると…

 

 

 

 

 

「来たの? 違う場所へ移るから片付けているんだよ。ホームページもその為」

 との事

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとまずよかった

 

叔母さんの方は

 

 

 

 

 

 

取りあえず体に負担の掛からない食事療法

 

 

 

 

 

 

漢方で

 

 

 

 

 

 

完全に治った 

とか

 

 

 

 

 

えっ?

 

 

 

 

 

 

過去形じゃねーか!!

 

 

 

 

 

 

 

不安は杞憂に終わりました

 

 

 

 

 

 

ひとまず良かった