「世界は小さい」byジョイソン          市ヶ尾RBアカデミー

 2000年にラスベガス本部道場へ修行へ行った帰りにロスに寄りました。その夜スーパーマーケットに行くと、身長180センチ以上、体重は120キロ(後日談)という大柄な男が、ずっと自分をマークする様に見ており、後をついて来ていました。そして自分が並ぶレジの後ろにに並び「柔術やっているのか?」と、話し掛けて来ました。

雑談をしていたら、当時話題になったホイスグレイシーとイズマイウの試合の話になりΓ映像を持っているから欲しいならコピーして渡す。明日の夜同じ時間にここに来てくれ」と言ってくれました。しかし翌朝には帰国なので来れないと断ると、Γじゃあ1時間後にここに来てくれ」 と言われました。悪い人でも無さそうだったので約束をしました。

 

スーパーに戻ると既にジョイソンは来ており、Γ次はいつLAに来るんだ?次に来た時は練習をしよう」と言いました。

ジョイソンが所属する道場はいつか行ってみたいと思っていた有名道場だったので、近い内にLAに来る事を約束しました。するとΓその時は今着ているTシャツ(日本の格闘技Tシャツ)を買って来て欲しい」とお金を出して来ました。どうやらTシャツが気になって話し掛けて来たそうです。Tシャツは土産で持参するとお金を返し、ジョイソンの電話番号と住所をノートに書いて貰いました。

 

半年後ロスに戻りました。その翌朝ジョイソンは柔術の仲間を連れてホテルに現れました。それから約10日、毎日車を出してくれ、食事もご馳走してくれ、ジョイソンが仕事の時はその仲間のポールが迎えに来てくれて、道場や食事の面倒を見てくれました。その間、道場代を含め、全てジョイソンとポールが出してくれました。

 

それからロスへ行く機会が無いまま、ジョイソンの連絡先も変わってしまい、何のお返しも出来ないまま約8年が過ぎた2009年、彼らに会う為にロス行きを決めました。

ジョイソンとポールの連絡先は分からないので、記憶を辿りポールの家を目指しました。当時ジョイソンは一人暮らしでしたが、ポールは実家暮らしだったので何かしらの可能性を期待し、なんとか辿り着けました。

ベルを鳴らすと見覚えのある母親が出て来ました。ポールは結婚して実家には住んでいないが、今夜帰って来るからと言われました。その夜に訪ねるとポールが居り、Γサプライズ!!」と喜んでくれ、ジョイソンは遠くへ引っ越したと教えてくれました。持参した土産はジョイソンが戻って来た時にポールが渡してくれる事になり、今に至っておりました。

 

そして最近「田舎に引っ込んだよ」と言う、ラスベガス道場に居たスコットからフェイスブックに連絡が有りました。

そのスコットからのメッセージにはΓお前はLAのジョイソンを知っているか?ポールという男の友人のジェイソンだ」と書かれていました。

Γジョイソンは恩人だ」と返すと、Γジョイソンと俺は柔術の練習を終え、今一緒に酒を飲んでいる」と返信が来ました。

翌日フェイスブックには、ジョイソンからの友達申請とメッセージが届いており、ΓあれからLAを離れ今の町に来た。そして長年休んでいた柔術を再開し、スコットは現在の先生だ。世界は小さいな」と書かれており、再び繋がった縁を喜んでくれました。

 

自分がフェイスブックを始めた理由は、連絡が途絶えた旧友を探す為だけで、特にジョイソンの事は定期的に検索していました。でもジョイソンはイニシャルで登録して為、見つける事は出来ませんでした。ジョイソンに不義理したままという思いがずっと有ったので、この奇跡は本当に嬉しく、狭い世界に感謝です。

 

ジョイソンとは出会いも再会も偶然ですが、きっかけは共に柔術です。