2017年

2月

22日

2月22日

本日はキッククラスに特別講師来館

 

 

 

 

 

 

 

 

 というのも、RB KAZUYOSI Gym(ムエタイ風に) が目指す次の戦い

 

以降の戦いで必要なパンチの戦いの距離感

 

この課題を修正してもらう為

 

 

 

 

 

 

 

そこで某ボクシングジムからトレーナーが来て下すった

 

世界、東洋、日本ランカーを抱える一流ジム

 

王者も輩出している

 

そんなジムで15年もメイントレーナーを務める名トレーナー

 

 

 

 

 

 

 

多くの時間はKAZUYOSIのマンツーマン指導に割かれたものの

 

アマチュア選手もそれぞれ指導頂き

藤井も必死にメモを取る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半は氏も加わりキックのライトスパー

KAZUYOSI、藤井もまともに触れない… 4●歳

 

戦闘距離にありながら被弾しないあの絶妙な距離感

 

オヌマの目指す護身術においても最大テーマ

 

 

 

 

 

 

 

 

練習後はラーメン屋で格闘技談義

 

総合、組み技、キック、なんでも異常に詳しい

 

 

 

組み技の選手のメンタルが乱れるタイミングはどの辺りか

 

 

 

ボクシングでは取り返せるミス

 

それがキックでは致命的になるケースがある

 

それは総合の場合ではマイナスに作用しない

 

 

等など

 

 

色々話しては、都度メモをする探求心

 

BJ-Pennの練習環境(UFC)等も事細かに聞かれた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モチベーションが凄い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また来て貰います

 

 

 

キックボクシング ブラジリアン柔術 田園都市線市が尾駅分 246上り線市ヶ尾交差点付近