2014年

10月

01日

40歳からの習い事 キックボクシング          市ヶ尾:キックボクシング

 黄金世代と言われる(勝手に)49年生まれのこの3人、実は小沼の中学時代からの同級生です。

運動不足が健康に大きく影響する年齢になってきた事と、20年以上続けて来たサーフィンも「もう上手くはならないだろう」という事で格闘技に手を出しました。

やろうという話になったのがお酒の席だった事もあり、やらないだろうと思っていましたが、彼らの意思は意外にも固く、学生の様にSNSで連絡を取り合って練習に参加しています。

3人共に経営者という事も有り、社員を誉める事は有っても自分が誉められる事が無い立場ですから、指導員からの「良いですよ」「上手いですよ」という言葉が嬉しいらしく、練習を楽しみにしているようです。

練習後は「せっかくの運動が台無しにならない?」と言いながら暴飲暴食しています。車だからノンアルコールビールを飲むも、最近のノンアルコールビールは美味しいらしく、結果エンジンが掛かってビール、酎ハイ、ハイボールを飲み、記憶を無くす始末。ちゃんと代行呼んで帰っています。そこはおとなです。

練習後に暴飲暴食をしたとしても、体を動かした事実は無くなりません。ちゃんとプラスになっています。