堀口vs朝倉兄弟

世紀の番狂わせ

 

 

このフレーズに違和感が無い、格の違う両者の決着

 

 

 

後出し全快で言いたい事言っちゃいます

 

 

 

 

 

 

 

オヌマは圧倒的に堀口選手が勝つと思っていました

 

 

  

更にさかのぼって言えば、キザエモン戦もケイプ戦も負けると思って見ていました

 

 

 

 

そう考えると、彼は毎度しんどい相手をなんとかして来たわけで、

 

今回もいつもと違わない状況で試合に挑んだんでしょうね

 

 

 

 

 

 

 

始まって驚いたのがスピード

 

 

あれ、堀口より早い?

      

 

 

そして、誘いにもフェイントにも見向きもしない

 

 

明らかに今までの選手とは視点が違う

 

 

 

オヌマは指導中、戦いを運転に例える事がちょいちょいありますが、

 

高速の合流、多くの車に目が行き過ぎると戸惑いますが、

入れるスペースが見えればスムーズに合流出来ます

 

結果、無駄が無い分最短です

 

しかし、多くの車がビュンビュン走る中、キョロキョロするなと言うのは無理

 

しかし不必要にビビらなければ、接触する可能性の無い車には惑わされない

 

 

 

  朝倉弟は、過去の選手と比べて最も誘いやフェイントに乗らなかった

 

と言うか、眼中にすらない感じ

 

 

 

瞬間瞬間の動きを見ると朝倉選手の方が早く見えました

 

 

 

 

勝負を決めた最初の一発は、堀口選手が天心選手に効かされた時の入り方

 

 

オヌマ的に、そこはウィークポイントと言えない程度の癖だと思っていましたが、

 

彼ら程の選手からすれば、きちんとワンチャンスだった訳です

 

 

 

 

10カ月ほど前、有名世界王者が在籍する打撃のジムの会長と食事をしました

 

「RIZINの朝倉(兄)って凄いね。フェイントの入れ方が天才的だよ。○○(チャンピオン)にも映像を渡して参考にさせているよ」

 

 

半年くらい前には、多くの有名キックボクサーを育てたトレーナーから電話があり

 

「あの朝倉(兄)って選手の先生は誰ですか? あれだけ才能のある選手に教えられるトレーナーって居るんですか?」

 

と、共に兄を絶賛していました

 

 

地力こそ発展途上ですが、異常な千里眼を持ち、計画力と実行力で、難敵を打ち破って来た兄弟

 

 

 

 

 

 

堀口選手の敗因はもう一つ

 

ゴン格の対談で、朝倉兄とマススパーをしてしまった事でしょうか

 

 

その頃は対戦候補の兄ではありませんでしたが、兄はきちんと持って帰った筈です

対堀口のデータを

 

 

 

 

 今回、朝倉選手が勝った事でRIZINのステージが一つ上がった気がします

 

 

 堀口選手のようなメジャーリーガーが参戦するのと、

 

生え抜きの選手が覚醒してトップに躍り出るのは違う

 

 

 

 

米国で最先端のトレーニングを積む堀口選手に

 

兄と、周囲の人たちの協力を得ながらトレーニングを積む朝倉選手が勝ったのもロマンがある

 

スターが誕生する兆しですね

 

 

 

 

 

オヌマ的には格闘技が盛り上がれば良いので、どちらが勝っても良いのですが、

再戦は堀口選手に勝って貰いたい

 

 

 

そして、堀口vs朝倉兄の対決を実現させて貰いたい

 

 

 

 

と言うのも

 

 

 

矢地選手との試合で見た体格差、

 

あれは一階級以上です

 

 

 

弟と被らない階級で戦って来ただけ…

 

 

そんな兄貴に見える

 

 

 

 

 

 

しかしながら、次回の勝敗は全く読めない

 

 

その上で予想起てるならば・・・

 

 

7:3で朝倉か?

 

 

 

 

 

 

決戦は大晦日