スピーカーショップ市ヶ尾

ヴィンテージスピーカーショップ市ヶ尾…

 

 

それは246沿いの地下にある(無い)

 

 

 

 

 

 

 

 

ただの趣味

 

 

 

趣味で事務所にバッテリーを持ちこみました

電池マニア?

 

 

 

 

んなこたーない

 

 

 

 

 

最近、事務所にオーディオを持ち込んでyou tubeで音楽三昧

 

 

 

 

you tubeって思っていたより音が悪くない

動画視聴というより、音楽を聴く専門の動画がわんさか

 

 

 

 

本格的に楽しめやす

you tubeには、音をより良く聴く為の方法がある

 

みたいですが、そこは無視

 

 

 

スマホやイヤホンで聴く場合は効果あるかもしれませんが、いわゆるオーディオでは逆効果

 

 

 

人の耳の癖を利用したマジックみたいなもので、質は変わらない

 

 

 

ラーメン屋さんで目の前の調味料を足すようなイメージか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ聴きだすと欲望は増し、より良い再生環境の為に電池(バッテリー)を持ち込んだのです

 

 

 

 

 

オーディオマニアの方は、部屋やコンセント等にも拘るとか、拘らないとか

 

 

諸説あるオーディオあるある

 

 

電気で音は変わる

 

 

 

 

まぁ常識なのですが、

 

 

諸説ある中に、

「音は電池の方が良い」

がある

 

 

 

自分の好きな機材に電池対応のものが有った事も幸い

 

 

 

 

 100Vより12V(バッテリー)の方が良い訳がない!!

 

 

なんてご指摘もあるのですが、それも正解で、これも正解

 

 

 

 多くの開発者、専門家の言う事は十人十色

 

 

 

評論家は9割怪しい

 

 

 

でも、

 

 

 

それでいい

 

 

 

 

 

 

「オーディオは泥沼」なんて言葉もあるほど、ハマる人がいる

 

 

 

1m50円~買えるスピーカーコードも、上を見れば1mウン万円

 

 

 

しかし目隠しテストすると、安い方が人気だったり

 

 

 

 

その結果を見た高額投入者は

 

 

 

「分かっていないだけ」

 

 

 

と、言ったり

 

 

 

しかし、メーカーの開発室で使われているコードは安物という事実があったり

 

 

 

  

 

 

 

 

 

そして我がスピーカーはこちら

30年前のドイツブランドのブツ

 

 

 

 

 

当時、「スピーカーはドイツ」なんて言われていまして、

 

複雑な発音のドイツ語に鍛えられ、蓄積された技術がある。

と、言われていました

 

逆に日本は、世界に通用するスピーカーが無いと言う状況

 

 

 

 

このスピーカーは、ドイツで賞を総なめにしたブランド

 

販売したスピーカーのほぼ全部が、最高峰の称号を得ています

 

 

19歳の頃に衝撃を受けたオヌマは、ドイツ行きを決意しました

 

現地にはより多くのモデルもあるだろうし、値段も安い筈だと

 

 

 

その夢は早々に破れる

 

 

 

ドイツで絶対的な評価を得ていたこちらのスピーカー、

 

造られていたのは日本でした

 

 

スピーカー後進国の日本

 

 

埼玉の会社

 

 

 

 

ヨーロッパ全域で絶対的な地位を築いていたドイツブランドのスピーカーは

 

 

日本全国の町工場で製造された部品達で、

 

 

日本人に組み上げられていました

 

 

 

 

 

 

 

その事実を知り、埼玉のメーカーに入り浸る日々を数年間過ごしました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピーカーって箱で音が決まると言われているんです。楽器と同じ

なんの変哲もない箱

 

 

ヤフオクで25万~

 

 

 

 

これにハメ込むスピーカー自体は3万とかです

 

 

 

箱が10倍とかがざら

 

 

 

 

 

ギターだって弦は安い

 

 

 

音を響かせる装置が高額

 

 

 

 

 

どの木材とコンビを組めば響くのか…

 

 

 

 

中の容量や構造はどうするか…

 

 

 

そんな泥沼状態がマニアに散財させる訳です

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら、我がユニットは世界一箱に捉われない奇跡のスピーカー

 

 

 

 

音質は品評会で折り紙付き

 

 

 

 

 このスピーカーの箱はオヌマのDIY

 

 

 

 

「うちは簡単に鳴るからプロには嫌われているみたい」

 

とは、日本人開発者さん

 

 

 

 

 

 

以前書きましたが、100万のスピーカーを凌駕する1万のスピーカーは結構あります

(これは1万じゃないけど)

 

 

 

 

くら寿司の材料でも、一流のすし職人ならば唸らせる事も出来る筈

 

 

 

押尾コータローが弾けば安物ギターだって超楽しい

 

 

 

そんな感じ

 

 

 

 

 

 

勿論、お金を掛ければ良い音は手に入りやすい

 

 

 

そして、良い音だと説得しやすい、されやすい

 

 

 

お金を出す人には売りやすい

 

 

 

耳が肥えてる人には売りにくい

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのスピーカー達と出会って以降、他を羨んだ事は一度もない

 

 

  

 無二のオリジナル

 

 

 

無二?

無二は我が家にまだまだある

 

 

 

 

 

この逆サイドにもまだある(ニヤリ

 

 

 

ちなみに所有する柔術着(仕事着)はたった2着!!

 

 

 

 

 

 

 

 

このスピーカーの生みの親、開発者にスピーカーの鳴りの決め手を尋ねました

 

 

 

他の機材とのコンビネーションか、

 

 

 

箱の造りか、

 

 

 

色々想像しますが、

 

 

 

出てきた答えは・・・

 

 

 

 

「組み上げる人のボンド技術」

 

 

 

 

だそうな

 

 

 

 

 

多くは語らず

  

 

自分の設計力ではなく、あくまで組み上げた人のお陰であると

 

 

 

 さすが日本人

 

 

 

 

 

俺はしゃべり過ぎ・・・

 

 

 

 

 

終わります