300億円の男

 日本の格闘技界に衝撃

 

フロイド メイウェザー ジュニアvs那須川天心

 

 

 

 

実は数日前、この情報を貰っていました

 

嘘かと思い、「あり得ない」とスルー

 

バカなボク

 

 

 

 

このマッチメークの肝は勝敗でも内容でもなく、実現させた事

 

メイウェザーを呼べるプロモーターが日本に居たという事実

 

そして、天心を中心としたキックトーナメントは無くなったという現実

 

 

 

 

メイウェザーという選手、

 

昨年度のスポーツ選手の長者番付世界1位

 

収入額313億円

 

2位のメッシ選手の倍以上を稼いでいます

 

 

驚くのは、その額を1試合で稼ぎ出した事

 

 

 

 

その大物から、

 

ビジネスパートナーに指名されたライジン

 

なんだかんだ凄い

 

 

 

 

 

 

キックボクシングというステージでは狭すぎる天心選手

 

ボクシング転向も視野に入れていたでしょう

 

 

そうなると困る日本の格闘技界

 

日本のボクシング協会は二足のわらじは認めないので

 

 

 

とは言え、ボクシングのマーケットは大きいし、化け物も多々

 

 

 

 

 

ここからは噂です。あくまでも

 

 

数年前、某最大手ボクシングジムと契約が進んでいるという噂を聞きました

 

契約金は異例のドラフト選手級

 

 

その契約は直前で破綻

 

横から出てきた某総合格闘技団体が、「より魅力的な条件」で競り勝ったと

 

 

 

理由は他のもありました

 

「キックボクシングが好きだから」

 

 

 

 

あの時にボクシングへ転校していれば、

 

間違いなく今は世界王者になっていたでしょう

 

 

こんな事を言うボクシングトレーナーは少なくありません

 

 

 

 

 

約一年半前

 

元格闘技プロモーターと食事をした時の事

 

某テレビ局のスポーツ担当が昨日来てよ、

 

「明日、マネージャーであるお父さんに会い、ボクシングへ転校してくださいとお願いに行くんです」

 

と言ってたよ

 

と言っていました

 

 

テレビ局は独占契約を狙い、そういう動きをするんだとか

 

 

 

 

 

話を戻しますと、

 

今回メイウェザーと闘う事で「那須川天心」と言う名前は世界へ売れます

 

 

天心選手に目を付け、ボクシングへの参戦を進めるプロモーターも現れるでしょう

 

 

海外では、ボクシングとキックボクシングの二刀流を認めるところもあります

 

そういう所で戦えれば、ライジンやRISEへ参戦しながら、ボクシングへ参戦する事も出来ます

 

 

 

 

 

「そんなに甘い世界じゃない」

 

そんな意見も聞こえて来そうですが、

 

だからこそやりがいのある挑戦ではないかと

 

 

 

 

実際、ムエタイの選手は出来ちゃっています

 

 

 

キックボクシングとボクシング

 

ピッチングとバッティングほど掛け離れていないように見えるのは自分だけ?

 

 

何より、天心選手ならば出来るでしょう

 

 

 

 

 

大晦日

 

メイウェザー選手が日本のリングに立つ姿を見たい

 

ルールとか勝敗とかはどうでもいい

 

 

日本の格闘技界の底力を見せて欲しいので