大雪の日

久々の雪に恵まれ、はしゃぐ小沼一家

 

 

 

四駆でスタッドレスタイヤまで履いている自分としましては、「大雪でも降ってくんねーと元取れねぇ」なんて毎冬言っている訳です。

画像は、アホな嫁がはしゃいだ跡。

 

 

 

 

 

「お父さん三段雪だるま作って」

 

 

と言うから適当に作ったら…

秒殺!!!

 

 

 

と、まぁ、楽しく過ごした訳です。

 

 

 

 

 

 

 

雪の積もった夜は明るい。

夜23時の我が家の庭。

 

 

 

 

 

 

昨日の休日の自分は、仕事で新宿に行っていた嫁を救出に向かいました。

 

家を出て角を曲がる時、かすかに聞こえた「どこ行くのー!!」という声。

「うるせぇ、どこ行こうが勝手だろ!!」と、心の中で言うも、見える人影は町内一の良い人Kさん。

 

窓を開けると「ねぇ、どこまで行くの?」再び質問。

「遠くまで行くんで、ご希望のとこまで乗って良いですよ」と告げ、途中の駅まで。

きっと車を見て「あの車なら確実に進む」と思われたに違いありません。

 

 

そういえば、昨年末にカワイと移動中、酔っ払いのおばちゃんに道を聞かれ、めんどくさいから駅までならと乗せ、小便漏らされた事が有りました。

帰ってエタノール撒き散らしました。

そんな日も有る。

 

 

 

新宿目指す父と子。高速は封鎖されて下道を余儀なくされました。

それでも池尻の山手通りまでノンストップでした。普段より交通量が少ない為、超快適。

 

しかし、そこから新宿までが2時間。

普段なら15分ってとこでしょうか。

 

あちこちで車が止まって動けなくなっています。

道に片方だけ落ちている高級タイヤチェーン。

寒くて適当に付けてしまったんでしょうか。片側でも1万以上の代物ですが、片側だけでは使えません。

持ち主は買い直しですね。

 

タイヤチェーンが切れているのに走っている車も。

切れたまま走ると、やがてボディーを叩いて板金コースです。

 

自分の100m先で、赤信号で止まれず人を撥ねている車も居ました。

 

チェーン履いているからと慢心して上り坂に挑み、渋滞を招く車。

雪道は装備も重要ですが、一番大事なのは雪道用のテクです。

 

昨日だけで、止まっている車を4台押しました。

内1台は、チェーンの装着を代打で行いました。

 

車の性能、雪装備、テクニック。

全てを兼ね備えた車は、住宅街を裏道で使うべしです。

積雪を避けて誰も走らないのでスイスイです。

 

 

 

 

備えあれば憂いなし。

ここで、元カー用品店の凄腕セーラーだった自分が、どんな雪道対策が良いかをお教えします。

 

雪の日は車に乗らない事。

これが一番ですが、車2台持ちの人はFF車&タイヤの細い車を選ぶべし。

 

タイヤーチェーンを買う時はケチらない。

高い物程圧倒的に付けやすいです。

最悪のコンディションでは付け易さこそが全て。

悪天候の中、「取り付け簡単」のチェーンの取り付けに1時間掛かったなんて話もあります。

 

 

金属製を選ぶ際は、亀甲タイプがおススメ。横滑りに強いです。

金属チェーンは煩くて乗り心地が悪くて錆びますが、効きます。

おススメはルッドチェーン。

スウェーデン鋼という、世界最高峰の鉄で出来ていて、鉄なのに錆びない。

チェーンの目も細かい。

 

 

ゴム等の樹脂製は付けやすくて静かな物も多いですが、有名メーカーを選びましょう。

安物は千切れますし、長く使えません。

おススメはイエティースノーネット。簡単で静か。究極です。

しかし高い!!

 

 

良いスノーライフを。