ニューリッツ

皆さんはご存知だろうか。8月末でヤマザキからナビスコが離れた事を。ヤマザキナビスコはもう存在しない。ナビスコは存在する。

 

これまでヤマザキで製造されて来たリッツ、現在はインドネシア産となっています。

 

違いは有るのか…

 

まず、箱の印刷のレベルが明らかに違います。そして味は如何に。

 

 

 

今までのリッツはクラッカーという位置付けで有りながら、クラッカーでもなくビスケットでもなくクッキーでもない「リッツ」でした。ニューリッツはよりクラッカー的で、味も厚さもやや薄めです。ややチーズ感がある。

リッツと言うより、リッツ風なクラッカーです。

 

前リッツのあの甘さは単純に甘味料の量ではなく、ヤマザキならではの小麦粉の選別によるものだと思います。

厚みにの違いは、恐らくは、焼く前の厚みは変わらないのではないかと思います。あの厚みの違いは焼き方の違いなのかなと。

 

自分がリッツを食べるタイミングはほぼ食後… 食後にもう少しお腹を満たしたい時に食べるので、クラッカーに寄られると物足りない。

 

食べれば分かりますが、勝敗は明らか。

 

ご賞味あれ。