2016年

11月

03日

よ、大統領

アメリカの大統領選挙、無責任な第三者として結構楽しみです。

 

アメリカ史上最弱の政権として存在したオバマ大統領への不満は積もりに積もっちゃっていますので、どちらがなるにせよ、次期大統領に求められるのは… 暴れっぷりでしょうか。如何に。

 

ドナルド・トランプvsヒラリー・クリントン
実にアメリカっぽい名前です。トランプって面白い名前ですねぇ。
先々月くらいに情報通の先輩と話をしていて、どっちと思う?と聞かれ、「急にトランプの雲行きが悪すぎですね」というと、ニヤリと笑い「まだ分からないらしいよ」と、言っていました。11月3日現在、今週から巻き返して来たトランプが有利となっています。
 
先週、アメリカの友人15人にメッセンジャーでメールをしました。「あなたの勝者予想を聞かせてください」と。
内一人は在米日本人で選挙権無しです。
 
昨日、最後の返信が届き、オヌマリサーチでは完全五分でした。
しかしながら、返信のタイミング、添えられた意見は様々で面白かったです。
 
まず、メールを送って5分以内に帰ってきた3通はトランプ。テンションの高さが感じ取れます。
・自分はトランプの勝利を信じている
・トランプで強いアメリカを取り戻す
・グレートアメリカの復活の為にトランプを支持
等、実にタカ派な意見が多く、熱狂的でした。
 
逆に、ヒラリー支持派は冷静そのもの。
・ヒラリーが勝つけど、どちらにも入れたくない
・ヒラリーが勝つが、国の為にはならない
・トランプは凶暴だ
等など。
 
トランプ派は生粋のアメリカンが多く、移民系はヒラリー。
 
在米日本人に「選挙は盛り上がっているかい?カイヤ・カワサキ、チャック・ウィルソン、どっちが勝ちそうだい?」とメールしたら以下の返信が来ました。別にベッキーさんのセンテンス スプリングの様にカモフラージュした訳ではなく、普段からこんなやり取りの相手なので。以下返信。
「選挙は全然盛り上がっていないよ。今回ばかりはミスタービーンかETを選ぶようなもんで、アメリカ人もどちらを選べばいいか決められておらず、どちらも選びたくないと言っている。互いの悪いところを探して消去法で選ぶしかないと言っているよ。俺の嫁さんはトランプになったら日本へ帰ると言い出した。
俺達移民は大統領、政党が変わればいい様にされてしまうから、生活が有利にも不利にもなる。ウカウカしてられない。
どちらがなるにせよ、この国が良い方に行くことはない。
そして、トランプになればすぐに戦争を始めるだろう。ヒラリーになったところで、遅かれ早かれ戦争はする。そうなると俺たち移民は人質だ(笑)。
トランプになったら面白いことが起きそうだと思っている奴が大勢いる。恐ろしいことだ」
 
実に日本人らしい冷静な意見。
しかしながら、情報通の先輩の意見では、実はヒラリーの方が好戦的で、戦争が近付くのはヒラリーとの意見。
 
自分の予想、実はトランプです。
ヒラリーが選ばれれば、アメリカ史上初の女性大統領誕生ですが、あの国がその道を行くとは思えません。わざわざレディーファーストなんて言葉が生まれるくらいに男女差別の凄い国です。自由の国アメリカは、実は差別大国です。
ニュース等で報じられている様に、白人警官による黒人への迫害は減るどころか、初の黒人大統領が誕生した事で増えてしまっています。
因みに、片っ端からナンパし、金蔓探しばかりしていたジゴロの黒人に聞いたところ「白人女性が一番簡単に出来る。物凄くチヤホヤすれば良い」と言っていました。
日本は女性が、アメリカは男性が異性をコントロールしています。共通しているのは異性の前では一歩下がる。
これが出来ないから自分は大成しないのか…
 
日本政府はヒラリーが組み易しと考えているようです。それは分かります。
自分はトランプに一票。
強硬外交、暴言を吐きまくって貰い、アメリカとの関係を見直す機会としたい。
 
投票はもうすぐ。