英断

 この世に牛丼チェーンが無く、牛丼を出す店がほとんどなかったとしたら?

 

「この一杯に五千円出す価値あるねぇ」

 

と、牛丼を食べる度に思います。

500円とかで食べれる事に感謝しなければなりません。

ちなみにケンタッキーも同感。店によりますが。

 

さてさて、川尻選手が自らUFCを去ったとか。凄い決断です。英断です。生意気な言い方になりますが評価します。

自身のキャリア作りを最優先するならば、UFCで結果を出す事が最良でしょう。日本の格闘技界の為以外の何ものでもない決断だと思います。

 

日本人なんですから「将来UFCに出たい‼」ではなく、「ライジンに出たい‼」「K-1に出たい」と、ならなくてはは寂しいものです。

そこで幾つか提案したいと思います。

 

シュレックvsギャビ

 

これは恐ろしい戦いになります。

そして禁断のマッチメーク、ライジンvsリアル。これはどうでしょう。

 

知名度のライジン、実力のリアルと言っても良い図式。ソウザ兄弟にクレベルコイケ等、実力的には申し分なく、リアルは海外にも独自のネットワークで良い選手を抱えています。

実際、ソウザ兄弟と同階級で、この二人に勝てる選手がライジンに居るかというと… 思いつかない。

 

そして…

 

これ以上思いつかない。

 

みなさん考えてメールしましょう。