2016年

7月

16日

やっぱりおかしいNHK

 最近大きな話題、物議を醸し出している今上陛下の「生前退位」問題。これを国民放送局であるNHKが、週刊誌張りのスクープを狙う様な、ゴシップ誌と張り合う様な報道をしました。

「生前」「退位」という表現は一般的な年上の人に対しても尊敬語ではなく、教育テレビを抱えている局の有り方としていかがかと。退くのではなく、譲る、継承する為なので譲位です。

我が家は嫁が自分に天皇教育をした立場でもあり、こちらから話すまでもなく嫁から「天皇陛下の譲位は…」と、自然と退位をという言葉が使われました。さすがアイツ。

 

 現在の皇室典範は、戦後に占領国の強い意向が盛り込まれて作られたものであり、約2700年続く日本の歴史においては最近のものです。アメリカをはじめとする戦勝国は、次々にその国の最高責任者を殺しました。当然日本の天皇もその対象だったのですが、マッカーサーが天皇に会って敬愛してしまった事、天皇の玉音放送が有って戦争を終結させる事が出来た事実を踏まえ、天皇陛下に手を出せば日本は再び戦う選択をすると恐れ、直接的にではなく、間接的に皇統を途絶えさせる策へ変更しました。その一端を担っているのが現在の皇室典範でもあります。十五有った宮家を四宮家まで減らし、いつか途絶えさせる事を目的としています。

 

女性宮家という話が出ると、女性天皇とごちゃごちゃになって分かり難くなりますが、女性天皇は過去に8代存在しています。その全てが男系の女性天皇で有った為、男系で繋いで来れています。女性天皇と女系天皇は全く別の話です。政治家も分かってない人が多く「女性の天皇だっていいじゃないか」と言っています。

男性の体にはY染色体という父系遺伝子が存在します。その遺伝子を持った人の子供で有れば父系の遺伝子は残ります。仮説ですが、皇太子殿下のお子さんである愛子さんが一般の男性と結婚して女性天皇となり、その子供が皇統した場合、女系の天皇が誕生する事となり、2700年続いた父系での皇統が途絶えるという訳です。

秋篠宮悠仁さんが愛子さんと結婚するか、天皇になれば父系での皇統が保たれるという事です。

 

さてNHK。日本にNHKを愛している人ってどれくらいいるのでしょうか。特別永住者を除き、視聴する、しない関係なく、テレビやパソコンがアンテナに接続されていれば支払い義務が発生します。ワンセグが付いているスマホを持っていれば支払い義務が発生します。

勿論、「スマホには付いているが、設定すらしていない。だから見る日が来たら契約をお願いします」と、きちんと言えれば契約しないで済みますが、向こうも仕事なので、人によっては簡単には引き下がらないかも知れません。一回でも払えば契約となりますので、その後の支払い義務は継続します。旅館やホテルは各客室毎に視聴料が掛かるとか。

 

他の有料放送がそうであるように、各家庭にスクランブルを掛けて視聴の可否を設ける事は可能ですから、希望者だけが見れるシステムに変えて貰いたいものです。放送法の改正が必須です。