2016年

5月

23日

少女コアラ

 漫画ワンピースの魚人島編で登場した少女です。

天竜人という、世界で最も位が高いとされている人種の奴隷として生きていました。

縁あって魚人海賊団の船に乗り合わせます。

その船は3年前に天竜人の居住区を襲撃し、奴隷を解放した魚人フィッシャータイガーの率いる船です。

 

コアラもフィッシャータイガーによって解放された一人ですが、解放後、余りに遠い故郷に帰る為、奴隷として転々と働いていました。

 

殺されないために感情を殺し、働き続ける事で生を維持していました。

 魚人は長年人間達から虐待、差別を受け続けて来た過去があり、人権も与えられていませんでした。

 

コアラの立場と自分たちが重なってか、コアラを故郷へ帰す為の航海が始まり、コアラの感情は解放されました。

楽しい帰郷の航海が始まり…

無事帰郷

 

別れの時が来ます

奇跡の帰還

村の入り口までコアラを送ったフィッシャータイガーを待っていたのは海軍でした。

過去、最高権力者である天竜人の奴隷を解放した彼は、形式上犯罪者でした。

 

天竜人の持ち物として存在していたコアラの帰還を黙認する代わり、恩人であるフィッシャータイガーを捕らえる事を容認する条件を島人は飲まされていました。

 

コアラには何も知らされません

強い生命力と仲間の救出によって生還するフィッシャータイガー。しかし大量の血が失われており、輸血しなければ助かりません。

海軍から奪った軍艦には大量の輸血用の血があり、人間の血で輸血できる魚人はこれで生きられます。

 

しかしフィッシャータイガーはこれを拒否します。

 

天竜人の奴隷を解放した彼には、自身が奴隷だった過去があり、人間の嫌な部分ばかり見てきました。

子孫の為。人間と魚人が共存出来る明るい未来を望んでいた彼ですが、人間の血を受け入れる事が出来ませんでした。

 フィッシャータイガーはそのまま死にましたが、「遺恨を残すな」「この事は他の魚人には他言するな」と、自身の死の真相を封印する事を切望しました。

しかし、その意思を継ぐ者、人間を仇敵として憎悪を持ち続けるものに分かれていきます。意思を継ぐ者がジンベイであり、逆がアーロンです。

 

コアラは・・・

数年後に展開されたドレスローザ編に登場します。革命軍の参謀であるルフィの義兄弟「サボ」の仲間として登場します。

大人になったコアラは、世直し軍の革命軍に加わっており、肩書には「魚人空手師範代」と書かれています。

 

絆は生きていました。

 

おわり

 

 

 

 

ちょっと早い、夏休み自由課題でした。