Jay先生とわたし

 昨日、急きょ開催されたJay先生セミナー。参加したメンバーからは「すぐ使えそう」の声が多く、非常に充実した内容であった事が伺えましたが、反面、余りにも急な開催で参加出来なかった人には申し訳ありませんでした。

 

 開催日の前日、いつもの喫茶店で優雅にコーヒータイムを過ごしているとフェイスブックの通話機能で電話が鳴りました。

「おっ、Jayからだ。英語の電話は面倒だなぁ」と躊躇しているとすぐ切れたので、間髪入れずに「HELLO~」とメッセージを返しました。

「今家族で日本に来ている。挨拶でも出来ればと思って。これから日光に行って来る」と、返信が来ました。

いつまでいるのか。東京へは戻るのか。時間は取れるのか。と連絡を返し、7時間後に「23日まで居る。東京へ戻る」と返信が来ました。

セミナー当日(まだ開催は未定)朝8時、「道場の見学は出来る?」とメッセージが入ってました。

 

「あなたは私の先輩です。大歓迎します。見学ではなくセミナーを行えませんか?交通や道着は心配ありません。いつなら可能ですか?」と、返信し、「今日か明日なら」と返信が来たのが11時、この時点で会員メルマガを配信し、返事が来た16時半に正式に決定し、追加告知をしました。

 

 Jay先生はハワイの「UFC GYM BJ-PENN」の柔術メインコーチで、日に5クラス教える多忙な先生で。BJ-PENNの実兄です。

自分が1999年にハワイ道場に入門した時に居た先輩です。

当時既に青帯だったJay先輩はかなり強く、色々教えてくれました。

写真後列右からマークライモン、BJ-Penn、Jay D-Penn、JD-Penn、前列のバランスボールがシャルト先生。

 

昨日は色々な話も聞き出せたのでオブラートに包みながら書いていきたいと思います。

 

Q:ハワイに有るUFCジムは「UFC GYM BJ-PENN」と、BJの名前が使われているが、オーナーは誰?

A:経営者はUFCサイド。ビジネスパートナーで売り上げの2割が我々に入る

 

Q:会員数は?

A:ホノルルジムは8000~9000人、ワイケレジムは8000人

 

Q:弟さんの次戦は

A:次のラスベガス大会。問題無く出れる

 

Q:スティーブ先生に、某柔術&アブダビ王者がBJとスパーをしてやられていたと聞いたが?

A:彼はアブダビの時ハワイへ来て練習している。BJにパス、マウント、サブミッションを極められている。道着有り、無し共に。特にNO-GIはMMAファイターの方が強いという認識が一般的じゃないか?

 

Q:BJが組技の試合に出る事は?

A:もう無い

 

Q:あなたの名前は? 私はJay N Pennだと思っているし、友達もそう言っている。

A:私の名前は「ジェイ・ディ」だよ。

Q:「ジェイ・ディ」は次男の名前でしょう?

A:次男の「ジェイ・ディ」はJDで、私は「Jay D」だ。ちなみにBjも正式な名前は「ジェイ・ディ(Jay Dee)」だ。3人とも同じ名前なんだよ。※Bjとはの愛称のベビージェイの略

Q:なぜ同じ名前なんですか?

A:分からない。

Q:でも4男はリーガンという名前じゃないですか?

A:恐らく医者が名付けたんじゃないか? それはジョークだけど、何故かは分からない。

 

以上、良く分からない話でした。