2016年

3月

17日

勉強会

 今日はここで勉強会&試験でした。

交通安全センター? そうです、行政処分、免停講習です。

聞くところによれば、大人なのに、原付以上の免許持っていてここに行った事が無い人が居るとか。自分は25年で情けなくなる程ここに行っているので「母校」と呼べる存在です。

ここは30日免停の人が行く所で、自分と堀井が奇跡の再会いをした60日~免停の人が行く受講所は二俣川に有ります。

 

 これから行くであろう人たちにすこ~しだけアドバイスです。

受付をするタイミングに気を付けて下さい。早めに受付して良い席を取ろうなんてすると裏目に出ます。受付順に番号を渡され、その番号の席に座らなければなりません。番号は若い順から前です。友人と行くような事が有ったとすれば、一緒に受付を済ませないと隣の席にはなれません。逆に、生理的に受け付けない人を避ける事、生理的にキュンキュンしちゃう人の隣に座る事だって可能です。

自分は体が大きいのでいつも後ろの席を心がけているので、滑り込みセーフなタイミングで受付を済ませています。

授業は午前3時間、午後3時間で行われます。一般的な授業の他、性格診断的な適性検査、シュミレーションマシンで実地診断もあります。診断結果はすぐ用紙で配られ、「道はあなた一人のものではありません」や「慎重になり過ぎて周りへの迷惑を考えていないようです」等と、割りとネガティブな内容がメインとなります。

最後の時間は試験を行います。その試験で40問中34問以上正解すれば停止期間が29日も短縮されます。まるでドラクエのようです。

 

この会場、六角橋という割りと街に有りながらも、陸の孤島というか、街の孤島な感じで、独特なゆっくりとした時間の流れ方を

しています。

1クラス定員100人の教室で、老若男女が混ざった丸一日の付き合いですが、ほぼ全員が他の人と仲良く会話するような場面は有りません。「6時間だけ置物になっていりゃ良いんだ」的な感じです。敷地内全体、周辺がシーンとしていて、独特な雰囲気があり、自分は結構嫌いじゃありません。まぁ、母校を嫌いなんて言う人は居ませんね。

逆に、二俣川で行う講習は少人数クラス&班で2~3日間行われ、車の運転をする授業もあるので割りと会話があります。

 

気になる料金ですが、12600円でございます。学生気分を思い出せて、適性診断や試験がついてこの値段はお得でしょう。

60日免停は倍、90日免停は3倍の料金となります。

しかし、60日も90日も講習を受けて短縮される日数は半分。30日との微妙な違い… まさにドラクエですね。

すぎやまこういち先生万歳