「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX(ライジン・ファイティング・ワールド・グランプリ)スタート

 年末、新しい総合格闘技イベントが開催される事が発表されました。年末以降も継続して開催されるようです。

メジャー舞台が存在しない格闘技界にとって久しぶりの明るいニュースとなりました。代表にプライドの元社長である榊原氏が立ち、高田統括部長も参加し、UFCを除く世界中の総合格闘技イベントが協力する形で行われるそうです。

 

目玉は優勝賞金50万ドル(6000万円)のヘビー級トーナメント。これは世界中から選手を集めてのトーナメントになるそうですが、正直我々日本人には知らない選手ばかりのトーナメントになるかもしれません。でも良いんです。この賞金が出せるイベントが誕生した意義は大きいです。50万ドルといえばUFCのトップでも中々提示されない金額ですから、その金額を出せるイベントが存在するならば、そのトーナメントでなくても、ワンマッチでも参戦したいと選手たちは思う筈です。

 

K-1だってプライドだって、最初はマニアしか知らない選手だけで始まったイベントです。プライドの第一回大会はヒクソンvs高田で満員の入りでしたが、第二回以降は本当にガラガラでした。しかし面白くてかっこいいから盛り上がって行ったんです。格闘技の面白さは野球やサッカーに劣るものではないと思います。是非、継続して格闘技の魅力を日本中に広めて貰いたいと思います。

因みに昨年の大晦日は湯船に浸かりながらタブレットでボクシングを観戦しました。今年はチャンネル争いに勝ち残れるように頑張ります。